サッカー

【マンチェスターユナイテッド】を知ろう!マンチェスターユナイテッドの歴史を語る

こんにちはコイトです。

今回は私の好きなサッカーについてのお話し。

サッカークラブ【マンチェスターユナイテッド】につていのお話をしていきます。

私がサッカーを観始めてから当たり前のように名前が挙がってくるクラブの一つです。

イングランドプレミアリーグ最多優勝を誇るお話ししていきます。

マンチェスターユナイテッドって?

正式名称は「マンチェスターユナイテッドFC」
日本でマンチェスターユナイテッドの愛称は「マンU」
ちなみに地元であるイギリス・イングランドでの愛称は「The Red Devils」赤い悪魔

イギリスのイングランドプレミアリーグの誇る最強チームとされています。

クリスティアーノ・ロナウドやデイビッド・ベッカムなど多くの選手が在籍していたことでも知られるクラブです。

[affi id=2]

アレックス・ファーガソンの功績

1986年より27年間マンチェスターユナイテッドで監督をしていた。

低迷していたマンチェスターユナイテッドに就任し、3年間はタイトルを獲得できずにいたが、その後は多くの人が知るとてつもない功績を残している。

89-90シーズンにFAカップを優勝し就任してから初のタイトル。

92ー93シーズンにはチーム26年ぶりのリーグ優勝。
イングランドリーグ、イングランドプレミアリーグをふくめ優勝回数が20回に更新し、リーグ最多の優勝回数のチームになった。

近年の常勝軍団のイメージを作ったのはまさしくアレックス・ファーガソンであり、この功績は今なお語り継がれている。

[affi id=2]

マンチェスターユナイテッド伝統の背番号7

有名な選手が多すぎて記載できないので、近年伝統の背番号7の選手を紹介していきます。

・エリック・カントナ(93/94-96/97)

リーグ優勝4回に貢献し、マンチェスターユナイテッドのイメージに深く印象付けた。

・デイビッド・ベッカム(97/98-02/03)

日本でも最も注目を集めた選手といってもいいベッカム。

端正な顔立ちと正確無比なロングキックは今なお伝説的。

意外なことは試合中に誰よりも多く走っていたことでも近年注目されている。

・クリスティアーノ・ロナウド

誰もが知っている現役最強の選手。

ポルトガルのチームに在籍していた時に、マンチェスターユナイテッドとの試合でアレックス・ファーガソンの目に留まり、彼(ロナウド)と契約するまで、イギリスに帰らないと言わせた選手。その後の活躍も爆発的で、多くの歴代記録を更新している。

クリスティアーノ・ロナウドの凄さ!3つの記録からCR7の凄さがわかる

・マイケル・オーウェン

所属したのは晩年の3シーズンで、活躍したとは言いずらいがリバプール時代の伝説的な選手で移籍した際はものすごく注目された。

イングランド10番を背負い国を挙げて応援されていた伝説的な選手。

[affi id=2]

・アントニオ・バレンシア

10シーズンと長くマンチェスターユナイテッドに在籍した選手で、バレンシアはもともと7番をつけていたわけではないが、空き番号になったことで1シーズンだけ7番を着用。

すぐに、元の25番に戻している。

スピードもあり、ドリブルもしっかりと仕掛けることができるマンチェスターユナイテッドの名選手。

・アンヘル・ディ・マリア(14/15)

短いシーズンだったので、あまり印象がない人もいるかもしれないが、当時のプレミア最高額で移籍してきた。

あまり期待に応えられず、わずか1シーズンでパリサンジェルマンに移籍、現在ではパリサンジェルマン、アルゼンチン代表ではしっかりと活躍し自身の地位を確立している。

・メンフィス・デパイ(15/16-16/17)

現在、オランダ代表の顔となっているデパイ。

マンチェスターユナイテッドではあまり活躍できなかったが、現在ではバルセロナのレギュラーで活躍しており、今後の活躍も期待。

・アレクシス・サンチェス(17/18-18/19)

アーセナルの活躍もあり移籍してきたサンチェス。

存在感は見せたもののなかなかチームが結果を残すことができず、2シーズンでインテルに移籍した。

・エディソン・カバー二(20/21)

パリサンジェルマンから移籍してきたカバー二。

パリサンジェルマンでは200得点と大活躍でウルグアイ代表でも常にレギュラーを取り続けている選手。

人間的にも男前な人間として有名になっているが、体の強さ、メンタルの強さも注目を集めている。

21/22シーズンからクリスティアーノ・ロナウドが移籍してきたことで彼に自ら背番号7を譲ったことでも有名で人徳のある選手。

現在21/22シーズンではクリスティアーノ・ロナウドが復帰し着用しています。

[affi id=2]

これからマンチェスターユナイテッドに期待すること

現在のマンチェスターユナイテッドはまさに低迷期と言えます。

といってもファーガソン時代のマンチェスターユナイテッドが強すぎてかなりかすむ印象になっています。

ロナウド、ポグバ、ブルーノ・フェルナンデスなどのタレントが在籍しているので戦力的には整っているように見えますが、なかなか結果が出ないのは悩みどころですね。

もう少しで最後のシーズン優勝から10年がたとうとしています。

これだけの選手が在籍しているので、かみ合えば結果がついてこればいいと思います。

ぜひ今後の結果に期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

[affi id=2]

-サッカー