Uncategorized

【家庭用ブロアーおすすめ機種と選び方】家庭で使える電動式などをわかりやすく解説

みなさんこんにちはコイトです。

今回は家庭用のブロアーをの解説を記事にしていきます。

家の外などで枯れ葉が気になったり芝刈りの時の刈った後の芝を回収することに使うことができます。

どんなブロアバキュームがあるのかわからない。
何を選べばいいかがわからない。

そんな悩みを解消できればと思いますので最後までごらんください。

[affi id=2]

ブロアーってなに?

そもそもブロアーってなに?

ブロアーは風を送りだし、落ち葉やごみなどを集めたり吹き飛ばしたりできる機会のことです。
種類によってはさまざまな性能を持ったものもあるので、用途に応じて幅広く活用が可能になります。

ブロアーの用途

・枯れ葉などを吹き飛ばして集めることができる。
・洗車などの吹き上げ作業を簡略化できる。
・小型ならパソコンなどの精密機器のほこりを飛ばせるものもある。

今回はブロアーの種類と用途に合った選び方を解説してきます。

ブロアーの選び方

ブロアーの種類を理解しよう

ブロアーにはさまざまな種類があります。早速解説してきます。

小型で扱いやすい「ハンディタイプ」

コンパクトで手軽に使用が可能な「ハンディタイプ」。

メリットとしては

・軽量で扱いやすい。
・短時間の簡単な作業細かい場所に便利。

デメリットとしては

・風量が弱いタイプを選ぶと落ち葉などもしっかりとはききれない。
・小型といっても重いものもある。
[affi id=2]

リュックのように持ち運びができる「背負い方」

落ち葉を一気に吹き飛ばす力が自慢の「背負い方」

メリットとしては

・ブロアをリュックのように持ち運ぶことができるので、長時間の作業におすすめ。
・風量が強いのでしっかりと吹き飛ばせる。

デメリットとしては

・燃料の管理が必要。慣れていないと面倒。
・重いので簡単な作業に向いていない。
・電動式に比べて音が大きい。
[affi id=2]

吸い込みと吹き出し両方兼用の「ブロアバキューム」

兼用で使い勝手が良い「ブロアバキューム」

メリットとしては
・コード型なのでバッテリーが気にならない。
・エンジン式のものに比べると音が少ない。
・一つで吸い込み、掃き出しの作業ができる。
デメリットとしては
・ハンディタイプに比べると少し重い。
・コードタイプは長さに限りがあるので場所を選ぶ。
[affi id=2]

ブロアー まとめ

ブロアはいろいろな用途があります。

吹き飛ばすことすれば、一か所にから葉などを集めたりもできます。

ブロアバキュームを使えば吸い込みこともできるので、ゴミを集めることも簡単になります。

やりたい作業、用途に合わせてブロアを選ぶことをおすすめします。

エンジン管理等面倒なことが嫌いな場合は、電源タイプにしたほうが無難です。

この記事を検討していただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

[affi id=2]

-Uncategorized