本紹介

【感想】14歳の自分に伝えたい「お金の話」著・藤野英人。子供に伝えてたいことがたくさん詰まっています!

みなさんこんにちはコイトです。

みなさんは今お金の勉強をしていますか?

現代社会において多くのお金についての考えさせられることが多くあると思います。

子供のころからお金について勉強していれば考え方も違ったかもしれません。

お金について考える機会が増えた今だからこそ読んでおきたい本。

14歳の自分に伝えたい「お金の話」です。

お金についての本なんていまさら読んでも何も変わらないでしょ?
悩む人
コイト
そんな意見を持たれる方も多くいるのもわかりますが、本書はもっとお金とうまく付き合っていくための入門書として読んでいただきたいです。

今回は『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』を読み終えた感想を記事にしていきます。

 

 

本書『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』のターゲット

本書は14歳の人でも読めるように書かれています。

そんな中でも大人でも知らないことがたくさんあるのが本書の魅力です。

・子供のころにお金について知りたい

・自分の子どもにお金の考え方を伝えたい

・そもそもお金ってなんだ?

こんな方に読んでもらいたい本です。

コイト
14歳でもわかるようにかみ砕いて解説してくれているのでとても読みやすかったですよ!

私がこの本を選んだ理由

コイト

私がこの本を選んだ理由は

・14歳のころにお金で知っておきたいことがあるの?

・子供に伝えれることがあるのか?

・なぜ14歳なのか?

こんな疑問から本書を手に取りました。

 

『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』のおもしろかった点

「無駄遣い」で経験値をためる

立派なお金の使い方ではなく、「なんでこんなもの買っちゃったのか」という経験も大切。

この公開を次に生かすというのです。

今まで考えたことなかったですが、確かに自分自身も昔はコレクション癖がありました。ただ、興味が薄れたころに思うことは「なんでこんなの買ったのかな?」と思うことは生きていた中でかなり多くありました。

今ではあまりコレクション癖がなくなっています。

これも経験だとしたらとても価値があるもの。

改めて言われると今までの経験が役に立っているのかと感じました。

子どもの買うものに対して、すべてを否定するのではなく少しは広い考えを持つべきなのかと感じました。

「好き嫌い」で選んで

会社を選ぶ基準が

・将来性

・有名

・人気上位か?

自分の気持ちが別のところにいますね。

自分が好きか嫌いかは後回しになっています。

周りの評価も気になりますが、自分に素直になるべきだと感じました。

Give gives give

「与える者は、与える者を与える」

少し考えさせる言葉ですね。

今の時代はノウハウを知る機会が昔に比べて多くなりました。

与えてくれる人が多くなるのであれば、与えてもらう人も多くなると思います。

与えてもらえれば他の人に与えてあげましょう。

それが与えてくれた人への恩返しになります。.

自ら学ぶ意識を持つことが改めて必要になる時代だと感じました。

自分の言葉では表現しずらいことも言語化してくれている

物の価値はどうやって決まるのか?

大人の私も何となくわかりますよね。

でも言語化することは難しい。

言葉に出来ないと子どもにも伝えられないですよね。

この本『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』は分かりやすく解説してくれています。

『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』を自分の生活に落とし込む

お金を使って何をするのか?

お金は生活をするためだけのものだと思っていました。

『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』ではお金の使い方について多くのことを教えてくれました。

「つながり」「寄付」「応援」何気ない日常にもそんな使い方があるのだと考えさせられました。

お金の使いかたはたくさんある。

そんなことを考えさせられました。

アイドルを応援することも良し。

自分が考えた場所に寄付をするも良し。

家族や友人との繋がりにお金を使うも良し。

これは誰かが考えることではなく自分が考えることなのです。

自分が本当に大切だと感じる場所にお金を使いましょう。

『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』:まとめ

お金についての考え方を変えてもらいたいと思い今回この『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』を記事にしました。

お金を稼げば幸せになるわけではありません。

ただ、お金の考え方を身に着けないと変な方向に人生が進んでいくことも事実です。

お金の考えを少しでも変えるために『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』を読んでいただいて、よりよい人生に繋げていただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

-本紹介