AppleWatch(アップルウォッチ)

【iPhone】Air Drop(エアドロップ)名前変更のやり方を解説。

みなさんこんにちはコイトです。

みなさんは「AirDrop(エアドロップ)」を使っていますか?

Apple製品のみの便利なデータをそのまま送ることのできること機能です。

連絡先を知らなくてもApple製品のデバイスであればデータを共有し合えるのも魅力ですよね。

ただ、AirDropのデメリットとして全く知らない人に自分の本名を知られてしまうことが起こります。

それによりトラブルが起こることもあるので、今回の記事を書くことにしました。

この記事では

  • AirDropの特性を理解する
  • AirDropの注意事項を理解する
  • AirDropで自分の名前を変更する方法
  • AirDropで自分のアイコンを表示させない方法

これらの内容を記事にしていきます。

 

AirDrop(エアドロップ)とは何か?

AirDrop(エアドロップ)とは連絡先を知らなくても画像やデータなどを共有できるApple製品独自の機能になります。

送れる内容はさまざまで、特に画像、動画などといったデータは元の状態で送ることができることもメリットです。

LINEなどで送ると情報量の制限があり、画像が荒くなったり、動画がすべて遅れないなどのデメリットがあり、それをカバーしてくれるのがエアドロップになります。

詳しくは記事にしていますのでぜひこちらをご覧ください。

【便利】AirDropの便利な機能と使い方。LINEで写真を送るよりもメリットがある

みなさんこんにちはコイトです。 とても便利なiPhoneなどに使える機能AirDropをご存知ですか? 今回はApple製デバイス同士でデータファイルを受渡することができる便利な機能である。 『Air ...

続きを見る

 

AirDropを使用する注意点

便利な反面注意点もあります。

情報共有が簡単なため、知らない間に他の人とつながっている可能性があります。

もちろん、自分のスマホの情報が抜き取られることはありませんが、相手から変な画像が送られてくるなど、AirDrop痴漢などという問題も発生しているのが現状です。

この問題点を解決するためには、AirDropを正しく理解することで未然に防ぐことができます。

注意点を踏まえて理解しておくことが

  • 表示される名前を個人名がわからないようにする。
  • 簡単にアイコンを表示させない。

この二点になりますのでしっかりと設定していきましょう。

AirDropで表示される自分の名前を変更する

ここではiPhoneでの名前変更する方法。

アイコンに本名が表示される方が結構いると思います。

初期設定のときに本名を登録しており、それがエアドロップにも反映されてしまいます。

iPhone自体の名前設定を変更することで、エアドロップに表示を変更することができます。

変更場所

iPhone内の

【設定】⇒【一般】⇒【情報】⇒【名前】

自分の名前になっているかもしれませんので名前を変更してみましょう。

変更が終わったら完了です。

 

AirDropで自分のアイコンを表示させない方法

AirDropは受信するかしないかの設定をすることができます。

この設定を理解しておくと、受信したいときだけAirDropをオンにすることができます。

基本使わない時はオフ(受信しない)にすると普段の生活で受信することはありません。

受信の設定の項目は3つあります。

  • 受信しない
  • 連絡先のみ
  • すべての人

変更場所

iPhone内の

【設定】⇒【一般】⇒【AirDrop】

【AirDrop】を開くと「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」の選択欄が表示されます。

基本的には「受信しない」にしておき、必要な時に設定することをおすすめします。

 

 

-AppleWatch(アップルウォッチ)