Uncategorized

なぜ読書をするの?読書をする大切なポイント

こんにちは、コイトです。

本の紹介をブログに記事として挙げているので、今回は本を読む理由についてお話ししたいと思います。

文化庁の2019年の調査によると、本を読まない人が47.3%でした。本を読まない人の割合は先進国の中でも最低レベルです。

約半分の人は本を読んでいないんですね。

結構周りにも本を読まない人が多くいると感じています。

私が本を読んでいると、

・なんで読んでるの?

・本読んでて意味ある?

との言われたこともあります。

ちなみに私ももともと本を読まない人でした。

そう思う気持ちはよくわかります。

大前提に本を読むのも読まないのも人それぞれです。

読書をする効果を理解してもらう事で、本が苦手な人にも本に興味を持ってもらいたい。

これから本を読もうと思っている人のモチベーションアップにつながればいい。

と思いお話しさせていただきます。

なぜ本を読むのか?

もともと私も読書をしていませんでした。

現在ではだいたい100冊本を読んでいます。

読書のきっかけは子どもが生まれたことです。

子どもが生まれるとわかったときに子どもと読書の影響の話を聞きました。

それと同時に、読書をしている親としない親の影響も耳にしました。

そこで、読書をしようと決心して約5年がたちます。

今でも子どもに読書が影響しているかはわかりませんが、自分自身に変化は感じています。

それもふまえて本のメリットをお話ししていきます。

知識を得る

読書のメリットで一番に上がってくるメリットですね。

本はたくさんの知識を提供してくれます。

・仕事を効率よくすすめる方法を学ぶ

・良好な人間関係の作るコツを学ぶ

・自分が勉強したいものを学ぶ

など多くの知識を学ぶことができます。

本を読み始めて気づいたのですが、本はめちゃくちゃ種類があります。

自分が必要と思う知識は基本的に本になっています。

知らないことを本で学ぶと考えてください。

学んだ経験は、仕事、学業でも多くの成果につながっていくと思います。

小説などでも知らない単語、考え方を得ることができるので読書を始めるときは自分が興味を持てる本を選んでくださいね。

 

偉人や著名人の考え方や言葉に触れることができる

昔偉人や現在活躍されている方と一般の人達は会って直接話をすることはできませんよね。

そんな人たちの考えを触れることができます。

通常考えることのできない思想に触れると、普段自分が考えている考えとは別の考え方もあるのかと、新しい発見になります。

一般の人ではない考え方に触れることで、別の発想を生むことができるようになります。

人は多くの経験を積むことで新しい発想を生むことができるそうです。

通常では会うことができない人の考えを本を通して知ることで今までとは違う考えを見つけてください。

知的好奇心が増える

私が本を読み始めて一番変化があったところといえるかもしれません。

本を読めば読むほど知らないことが増えていきます。

自分ってなんもしらねーって気持ちになります。

そこから少しづつ知識が増えていきます。

別の本を読んだときに、今まで触れた知識が出てくると、あっこれ知ってるってなります。

その時に特に知識がついてきていると実感することができます。

もっと知りたくなってきます。

だんだん本を読む気持ちが増えていきますよ!

読書後に大切なこと

アウトプットする

読書をすることで大切なことは行動に移すことです。

コミュニケーション能力をあげる本を読んだら、普段の人間関係の中に落とし込んでください。

勉強法の本を読んだら勉強をするときに取り入れてみましょう。

本はあくまでも知識のツールです。

知識が増えることも大切ですが、その後に使うことがもっと大切になります。

いまでは、アウトプットといったりするそうです。

たくさんアウトプットすることで、自分の本当の力になっていきます。

本からすべてを取り入れない

せっかく本を読んだのだから、すべてのことを取り入れよう!

と思ってしまいます。

正直それは、おすすめしません。

なぜかというと、人間は多くのことを同時に行うことが苦手だからです。

多くのことを取り入れようと思っていると、ほとんど取り入れることができずに終わってしまいます。

とくに初めての時はそう思ってしまいます。

はじめはその本から大切なことを一つ探す

こんな気持ちで読んでみてください。

一番大切なのは自分がその本を読んでどこに興味がわいたのか、使ってみたいと思ったかです。

同じ本でも読む人によって重要な所が違います。

自分なりの大切な所でかまいません。

見つけてみましょう。

本の選び方・インターネットで検索

どんな本を読んでいいかわからない。

そんな場合は、インターネットなどで自分の興味がわいたジャンルの本を検索してください。

・ビジネス書 読みやすい ランキング

・勉強法 本 ランキング

・園芸 本 おすすめ

など検索をかけると、だいたいおすすめトップ10みたいな検索結果が出てきます。

読みやすい本もランキング上位にいることが多くあるので、ぜひ検索をかけてください。

なぜ本を読むの?まとめ

最後まで本記事を読んでいただきありがとうございました。

本が読みたくなりましたか?

なかなかすぐにはなりませんよね…

でもきっと今この記事を読まれている方は読書に興味がわいている人だと思っています。

本を読むことは結構時間がかかりますし、最初は大変に感じるかもしれません。

しかし、大人になって本で何かを学ぼうとしている方は全体の半分程度しかいないのです。

・何か変化させたい。

・もっと成長したい。

と考えているだけでも向上心のある方たちですので、今回の好奇心をぜひ読書に繋げてください。

私は正直読書だけしていれば、人生が変わるとは思っていませんし、自分のすべてが変化していくと考えているわけではありません。

しかし、読書をきっかけに新しい世界が見えるのは事実だと思います。

自分を成長させるきっかけに読書があると考えています。

ぜひ自分を変える一歩を踏み出していただければ幸いです。

本当に最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-Uncategorized