パソコン入門

ストレージとは パソコン初心者でもわかる基礎知識③

みなさんこんにちはコイトです。

最近はパソコンの基礎知識としてお送りしています。私自身パソコンを買う際にいろいろ分からずに調べることになりました。みなさんにもできる限りわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

今回はストレージについてです。みなさんはストレージを知っていますか?

カタカナ、横文字などの用語が多いパソコンですがストレージは一番わかりやすいものかもしれません。

こんな人によんでもらいたいです

・パソコンのストレージってなに?
・パソコンの基礎知識を知りたい。
・ストレージの選び方を知りたい。

ぜひ参考にしてください。

それでは解説してい行きます。

ストレージとは

ストレージとは「データ保存」のことです。
CPUとかメモリに比べると正直わかりやすいですよね。

要するに、スマホでいうと画像とかアプリとかを保存する場所がパソコンのストレージになります。

パソコンには必ずデータを保存するために、内蔵ストレージというものが設置されています。これがなくてはパソコンを動かすためのさまざまなプログラムやソフトを保管しておくことができなくなります。そもそも動作しなくなります。

ストレージの種類は?

現在の主流は二種類

現在の主流は「HDD」と「SSD」の二種類です。
どのような違いがあるかを解説します。

HDD

HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略です。
磁気的に書き込んだり読みだしたりする記憶装置です。
磁気を利用して円盤を回すことで記録している。

HDDのメリット

・SSDと比べて保存できる容量が大きい。
・価格が安い。

HDDのデメリット

・構造の問題で、衝撃に弱い(データが壊れることがある。)
・消費電力が比較的大きい
・駆動音があり、少しうるさい。

SSD

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略です。
記憶媒体を使った記憶装置になります。
現在では技術の向上により、HDDの代替えが行われ主流になりつつあります。

SSDのメリット

・衝撃に強く、発熱がない。
・読み書きが速い。
・HDDと違い音がない。
・サイズが小さい。

SSDのデメリット

・HDDに比べると容量が少ない。
・価格が高い。

ストレージをしっかりと選ばなくてはいけない理由は?

内蔵ストレージはプログラムなども保存しているので、パソコンを立ち上げるときや、ファイルなどを開くときにも内蔵ストレージを使います。

適切な選び方

スピードを重視するならSSD

立ち上げるさいにもストレージの読み込みが速度が影響します。HDDに比べるとSSDは速いです。
その他のプログラム、ファイルの立ち上げもSSDを選ぶことをおすすめします。

価格ならHDD

SSDは主流になりつつあります。というかかなり増えてきました。
しかし、価格を抑えるならまだまだHDDになります。金額を抑えたいならHDDをおすすめします。

HDDは壊れやすい?

衝撃に弱いのは事実としてあります。HDDは壊れやすいことでも知られています。
しかし、もちろん壊れやすいと言ってもすぐに壊れることはないと思います。
ある程度使いこんだらどうしても経年劣化していきます。

ストレージとは まとめ

CPU、メモリに次いで、ストレージについてまとめました。

わかりやすい解説になっていたでしょうか?

HDDとSSDはデータの保管としては同じですが、構造の違いにより多くのメリット、デメリットが生まれます。
SSDは現在発展途上なこともあり、これから容量も増えていくかもしれませんし、価格も安くなっていくことが予想されます。

検討をする良い材料になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-パソコン入門