Uncategorized

テストステロンでいつまでも若々しく!テストステロンと筋肉の関係を解説

みなさんはテストステロンをご存じですか?

男性ホルモンの一つで、よく男性らしさの象徴のホルモンです。女性も少量ですが産生されます。

テストステロンの働きによってどのように体が変わるのかをお話ししていきます。

テストステロンが減少するとどんな症状が出るのかというと。
身体的な症状は

・疲労感、倦怠感
・性欲などの男性機能の低下
精神的な症状は
・気力がなくなる
・集中力がなくなる
・イライラする
などの症状が出てきます。

テストステロンって何?具体的な働きとは

テストステロンは骨格や筋肉量、体毛など男らしさを作るほかにも、生殖機能の向上、肉体・精神の健康にもつながると言われている男性ホルモンです。
男性という特徴を作り出すものと考えてください。

身体的な関係

筋力にも大きく関係してきます。トレーニングなどで筋肉量の増加にテストステロンが関係しています。筋肉量の増加を最大化させるにはテストステロンを規定値の高い水準を維持することが必要になります。

精神面の関係

精神面にも多く関与していると言われていて、思考パターンや物事の考え方などが「男らしい考え方」に影響すると言われています。

活力にも影響していると言われていて、テストステロンは前向きな考え、生き方をするために必要不可欠なホルモンといえます。

テストステロン分泌の減少

加齢にともなう減少

中年男性の筋力の減少はテストステロンの低下が要因といわれています。テストステロンは20代にピークを迎え下り坂になります。テストステロンの減少が激しいと、運動しても筋肉の増強がうまくいかないことも関係していきます。筋肉量を最大化させたいのであれば、テストステロン血中濃度を測って確認しましょう。

ストレスにともなう減少

ストレスをためすぎてしまうと、テストステロンの減少につながります。テストステロンは脳からの命令で分泌されることから、過剰なストレスは避けるべきと考えられています。ストレス減少には運動が効果的といわれています。

ストレスを軽減させることに、運動、食事などの生活習慣が重要になってきますので、以下でテストステロンを増やす方法をお伝えしていきます。

 

テストステロンの分泌を増やすには?

テストステロンを増やすにはストレスをためないこと、それを可能にするには生活習慣の見直しが必須になります。

運動

運動やトレーニングが男性ホルモンの分泌に関係して、筋肉の発達につながることはよく言われる話です。適度な運動はストレスの軽減にもつながるので、一石二鳥の役割を果たします。
適度なトレーニングを積み重ねることで、高い正常値のテストステロンが維持するように期待できます。

ちなみに、テストステロン向上には筋トレが重要という研究もあるとの事で、筋トレなどの筋肉を直接増やす行動も必須です。

食事

テストステロンの原料はコレステロールです。コレステロールを男性ホルモンまで変身させるためには多くのタンパク質が必要になります。タンパク質を効果的に摂取することが、必要になります。

おすすめ食材
卵、牛肉、豚肉、鶏肉、魚、牛乳、大豆、プロテインなど

タンパク質を多く含む食べ物になります。効果的に摂取したいのであれば、プロテインを摂取することもいいかもしれませんね。

しかし、どんなことでも過剰摂取になると栄養のバランスが悪くなり他の病気を引き起こしてしますことが懸念されるため、過剰摂取には注意しましょう。

睡眠

しっかりとした睡眠をとることは、健康になる第一歩です。生活習慣を直すなら睡眠を適切に取るようにしましょう。

テストステロンの重要性・まとめ

テストステロンの重要性はご理解いただけましたか?
前向きな考え、生き方につながるテストステロンはこれから社会で生きていくために必須なものといてます。

年齢とともにテストステロンの分泌が減少していき、より多くのストレスをため込む結果になってしまいます。そのためには適度な運動、しっかりとした食事、しっかりとした睡眠などの生活習慣が必要不可欠です。

今回の話で改めて見直していただければ幸いです。

 

 

 

 

-Uncategorized