生活

ノートパソコンの選び方、安い初心者向けのPC人気メーカーも解説

ノートパソコンは軽くて、場所もとれずにしまえる、持ち運びができて外でも使えるなど、非常に便利なパソコンですよね。

最近では、ノートパソコンの種類も増えており、ゲーム用、ビジネス用、家庭用さまざまなものがあります。

しかし、いざノートパソコンを購入しようと思っても、種類が多すぎてわからない。
まずどんなところから選べばいいのかがわからない。
という方が多いはずです。

今回は、ノートパソコンの選ぶ重要なポイントをいくつか解説していきます。

OSから選ぶ

パソコンを選ぶ最初の段階がOSです。OSはOperating System・オペレーティングシステムの略です。覚えなくていいですが……
OSがないパソコンは存在しません。
コンピューター全体のシステムを管理して動かすソフトウェアです。

パソコンのOSは有名なところだと「Windows」と「Mac」の2種類があり、パソコンのほとんどはこの二つになります。

ちなみにスマホだと、iPhone(Apple)とアンドロイド(グーグル)みたいな感じです。

Windows

世界で最もシェアがあるOSになります。Microsoftという会社が提供している製品が『Windows』です。

WindowsのOSが搭載されているパソコンはものすごく多くの種類が存在しています。
ラインナップが豊富なのが魅力です。

Windowsはパソコンの対応ソフトが豊富で、エクセル、ワード、パワーポイントなどのofficeソフトや、PCゲームなどを利用することができます。

Mac

Appleという会社が提供しているOSが『Mac』になります。
Appleは聞いたことがありますよね?
そう。iPhoneを製造しているメーカーです。

Macの特徴は、高性能と統一感があるデザインです。
Macを使っているだけでできるビジネスパーソンのイメージがついているくらいです。
同じApple製品のiPhone、iPadなどとの使うとより便利に使うことができることが人気の一つです。

Macは製品が高品質、性能も高いこともあり、値段が高いことが多いです。
WindowsとMacでは、キーボードや操作の具合が違うため、Windowsに慣れている方は気を付けましょう。

ノートパソコンの選び方

ノートパソコンを選ぶときにチェックをしておきたいポイントを紹介していきます。
パソコンの用語はわかりやすく解説していきますのでご安心ください。

『ディスプレイサイズ』から選ぶ

ディスプレイサイズは画面の大きさです。サイズだけでも10インチから17インチぐらいまであり、ディスプレイサイズが
・小さいとパソコンのサイズが小さくなるため、持ち運びがしやすい。
・大きいと画面が大きいため、作業がしやすい。
という特徴があります。

仕事で外によく持ち運ぶという方は、あまり大きすぎるとかさばったり、カバンを大きめのものにしないといけないことがあります。
逆に家の中で作業を良くするというかたは、持ち運びをそこまで考えなくて済むので、ディスプレイサイズが大きくてもいいかもしれません。

『CPU』から選ぶ

『CPU』は人間でいうと頭脳です。パソコンデータの処理速度に影響します。
パソコンが遅い、早いという表現をしますが、このCPUが直結しているところです。

現在普及しているパソコンは、インテルのCore i シリーズが主流です。
最近ではAMDのRyzenシリーズも注目されています。

Core iシリーズはCore i3からCore i9まであり、基本的にi5以上なら動画編集などもなんなくこなすことができます。

数字が大きいほうが性能が高いという考えを持っていただいて結構です。
ただ、i5でも何世代というものがあり、気になる方は、世代まで確認した方がいいです。

『メモリ』から選ぶ

『メモリ』は作業データを一時的に保管しておく機能があります。メモリの容量が大きいとパソコン動作が安定し、快適に操作をすることができます。

メモリの容量に余裕があると、複数のソフトを同時に動かしてもスムーズに動きます。
逆に容量に余裕がないと、動作が遅くなってしまいます。

メモリの容量はGB(ギガバイト)で表記されます。
基本的に4GBから32GBがあります。
8GBくらいあると、基本的な動画編集などは行えます。

上記のCPUの性能が高くても、メモリの容量が小さいと動作が遅くなったりすることがあるので、気にして購入をおすすめします。

『ストレージ』から選ぶ

『ストレージ』は保存に必要な保存用域になります。
保存容量が大きいと、写真、動画などをたくさん保存しても容量がいっぱいにならずに済みます。
ストレージはHDDとSSDの二種類があります。

HDD

メリット
・価格が安い
・データ容量が大きい
デメリット
・データの読み込みが遅い
・衝撃に弱くデータが消えることがまれにある

SSD

メリット
・データの読み込みが速い
・消費電力が少ない

デメリット
・価格が高い
・データ容量が少ない

HDDは価格が安く容量が大きいです。
現在主流になりつつあるのがSSDです。
SSDの魅力は読み書きの速さです。
速さの比較をYouTubeなどで出している方もいるので、ぜひ参考にしてください。

速さはあまり気にしないという方はHDDでも十分だと思います。

『バッテリー駆動時間』から選ぶ

外出先で利用する際には、バッテリー駆動時間を気にして購入してください。
画面の省エネや、動力の節電が魅力のパソコンもあるので、バッテリー駆動時間という欄が商品きさいされています。
8時間稼働できるのであれば外出も心配ないと思います。

『テンキー』から選ぶ

数字の入力をすることがビジネスパーソンには多いと思います。そこで必要になるのが『テンキー』です。
テンキーがあるとかなり数字入力が楽になります。購入の際はチェックしてください。
テンキー付きのノートパソコンのデメリットはパソコンが大きくなることです。
コンパクトなパソコンを希望される方は外付けのテンキーも販売されているので、検討されるといいかと思います。

『officeソフト』が有るか無いかで選ぶ

ExcelやWordを使う方には『officeソフト』付きのものを選んでください。
当然のようについていると思って購入してからついてないことに気づくケースもあります。
必ず確認しましょう。
個別でofficeソフトを購入することもできますが、結構値段が高くなります。注意しましょう。

『重さ』で選ぶ

外出先でパソコンを使うときには重さも気にするといいです。
ノートパソコンならどれも同じと考えていると大間違いです。
同じ画面の大きさでも重さが全然違うことがあります。
これは実際に店頭で持ってみるのが一番だとは思いますが、参考までに平均の重さは2キロくらいです。

最後におすすめするパソコンを紹介していきます。

みなさんの参考になれば幸いです。

-生活