生活 読書術

ブックカバーのおすすめ3選【おしゃれな革製や透明カバーまで】ブックカバーのメリット

ブックカバー革製や布製などさまざまな素材で作られています。

今回はブックカバーの選び方について解説し、自分が納得いくブックカバーを探してもらえるように紹介していきます。

お気に入りのブックカバーを使い読書をするとより気分が上がり楽しく時間を過ごすことができます。

この記事を読んで

・ブックカバーの種類
・ブックカバーの選び方
・ブックカバーのメーカー
を知ることで、自分に合ったブックカバーを見つけてください。
ぜひ最後までご覧ください。
[affi id=2]

ブックカバーの選び方

素材

ブックカバーはたくさんの素材があります。

・革製
・布製
・紙製
素材それぞれに特徴がありますので解説します。

長く愛用できる革製

動物の皮から作られた革製ブックカバーは、天然素材なので一つ一つ質感が違います。
財布などと一緒で長く使えば使うほど色が変化したり、手になじんだりしてくるのでより愛着がわきます。

ただし、水濡れや乾燥に弱いので長く使うのであればしっかりとメンテナンスが必要になるものもあります。

手触りの良い布製

布製の良さは手触りです。

触っていて気持ちがよく感じるのが特徴です。当然布なのでべたつきもなく長時間使っても支障がありません。

意外と多いのが紙製

紙製のブックカバーが意外と多くあります。

サイズ調整がしやすいものが多いので使い勝手も良く、紙だと水に弱いイメージですが、加工されているものは防水性もあります。

和柄などさまざまな柄があるので気分によって変えてみるのもいいかもしれません。

本に適したサイズ

本のサイズに合わせて買いましょう。

本のサイズといっても文庫本やハードカバーなどサイズ、厚みがさまざまです。

はじめは自分がよく読む本のサイズを購入することをおすすめします。

売っているものは基本的に「文庫本サイズ」などと明記されているのでしっかりと確認しましょう。

 

機能も確認

しおりがカバーについているものや、留め具がついているものもあります。

必要に応じて選ぶことをおすすめします。

最後はデザイン

どんなのがいいか悩むこともあると思います。

そんな時はデザインで選びましょう。

気に入ったデザインのブックカバーを使うと気分も上がり読書をより楽しめると思います。

[affi id=2]

最後にブックカバーの紹介

イルビゾンテ ブックカバー 文庫本サイズ

イルビゾンテはイタリアの革製品メーカーで、皮本来の雰囲気を楽しむならおすすめします。

 

アルベロ ブックカバー 新書サイズ

アルベロもヨーロッパのブランドとして人気があります。

サイズはさまざまありますが、かわいらしいデザインでおススメします。

 

ゲンテン ブックカバー

ゲンテンは日本の革製ブランドです。小物から衣服なども展開しています。

しっかりとした皮製品で長く使えるものづくりに取り組んでいます。

ブックカバーまとめ

ブックカバーの目的は

・本の保護
・どんな本か他の人にわからないようにする目隠し
・気に入ったものを使い気分を上げる
などがあります。
目的はさまざまありますが、自分の目的に合わせて購入しましょう。
インターネットで調べてみるとさまざまなものがあるので自分の中でポイントを決めて選んでみることをおすすめします。
みなさんの参考になればうれしいです。
最後までご覧いただきありがとうございました。
[affi id=2]

-生活, 読書術