iPhone(アイフォーン)

【iPhone】リマインダーの使い方は?3分で解説。便利に日々の忘れを防ごう

みなさんこんにちはコイトです。

スマホを使い始めてよく使うようになったリマインダー

  • ほしいもの
  • やりたいこと

リスト化することができてなおかつ通知でお知らせしてくれる便利な機能です。

簡単に使えるのも利用者が多い理由だと思います。

この記事では

  • リマインダーを利用し、やるべき仕事の抜けを防ぎたい。
  • リマインダーを使いたいけど使い方がわからない。
  • 簡単に使える解説が欲しい。

このような方により深くリマインダーを理解してい頂きたいです。ぜひ参考にしてください。

 

リマインダーとは

リマインダーはスケジュールややりたいことを忘れないように指定している時間に通知をしてくれる機能を指します。

忘れをなくすことができる

これが最大のメリットになります。

箇条書きで入力ができるのでリストを見るとなにをやるかが一目でわかります。

忙しい毎日の中で忘れることもたくさんあるとおもいます。

リマインダーをうまく使うと覚えなくても忘れる心配がなくなくなります。

 

リマインダーを便利に使いこなす

それではリマインダーはいったいどういった場面で使うのでしょう。

  • ビジネス
  • プライベート

どちらの場面でもしっかりと使うことができます。

 

日時の指定をして予定を知らせる

スケジュールに合わせて日時の予約をすることができます。

日付も時間も細かく設定できるので便利です。

 

繰り返し同じ通知を出す。

予定を繰り返し指定することができます。

  • 毎週
  • 隔週
  • 毎月
  • 三カ月ごと

など細かく繰り返し設定ができるので自由度もかなりたかいとおもいます。

 

例えばこんなことにリマインダーは使える

ここではリマインダーの使い方の例を挙げていきます。

  • 仕事の期日を知らせる
  • 商品の予約期限を知らせてくれる
  • 薬の忘れをなくす
  • イレギュラーな仕事の予定を知らせる
  • 出られなかった電話をかけなおすように通知できる

 

 

iPhoneでリマインダーを設定しよう

早速リマインダーの設定をしていきましょう。

 

iPhoneでリマインダーの設定方法を解説してきます。

iPhoneの純正リマインダーを開きましょう。

1.リマインダーを開くと右下に【リストの追加】があるのでタップしましょう。

 

2.新しいリマインダーの作成にはいります。リストの名前を入力しましょう。

※リマインダーはたくさんのリストを作って行くので自分でわかりやすいタイトルにすることも大切です。

リストの名前の入力ができたら右上の【完了】をタップします。

 

3.完了するとマイリストに先ほど作ったリストが表示されます。

リストをタップしてみましょう。

 

4.リストを表示させると左下に【+新規】があるのでタップしましょう。

 

 

5.タイトルを入力しましょう。右端の【i】をタップすると日時や、場所を設定することができます。

 

6.通知してほしい日時や場所を設定できればリマインドの完了になります。

日時などを設定したいタイトルをタップすると【i】マークが現れます。

タップしてみましょう。

 

7.画面が変わると日時の変更などができるようになります。

 

リマインダーを全てのAppleデバイスで確認する

リマインダーを自身が持っているすべてのAppleデバイスに共有する方法もあります。

これをしないと単独でリマインダーが動くことになるので共有させておけばいろいろなデバイスで確認ができます。

設定していきましょう。

1.【設定】のアプリを開いてください。

設定画面の一番上にある【ユーザー名】をタップします。

 

2.一覧の中の【icloud】をタップします。

 

3.icloudの設定画面が開けたらその中の一覧から【リマインダー】を見つけてください。

リマインダーがオンの状態になっていれば共有できています。

オフになっているようならオンの状態にしましょう。

 

まとめ:リマインダーを使い日々の生活をより良く

記事の冒頭におはなししましたが、リマインダーは

忘れをなくすことができる

日々忙しく過ごす中でこの忘れをなくせる機能を生かさないわけにはいきません。

リマインダーを活用して忘れをなくしていきましょう。

 

 

-iPhone(アイフォーン)