Uncategorized

大人に読んでもらいたい教養【13歳からのアート思考】

みなさんこんにちは
本日ご紹介する本は『13歳からのアート思考』です
13歳からと書かれているので、子育て関連の本かと思いましたが、そんなことはなく大人が読むべき考え方が多く、新しい発見のおおい本でした
アート思考と書かれているので、難しそうですが決してそんなことはありません

結論から言うと『自分だけのものの見方、考え方』を身に着けるです

こんな人に読んでもらいたい
・興味を忘れてしまった大人たちへ
・周りに影響を受けていることに抵抗を感じている方
・正解ばかりを求めてしまっている方
このような悩みを持つ方におススメの書籍になります

13歳からのアート思考はどんな本なの?

アート思考って何?

アート思考→「アートのように考える」ことです
アートのように考えることは、上手に絵を描くや歴史的な名画の知識、うんちくを語ることではなく
・「自分だけのものの見方」で世界を見つめる
・「自分なりの答え」を生み出す
・それによって「新たな問い」を生み出す

アート思考は、自分なりの答えを出すための「問い」の思考です

なぜアート思考が大切なのか?

世の中のすべてが、論理で説明がつかないから、正解のない中で、新しいアイデアや意見を持つことが必要になっています

ビジネスだろうと学問だろうと人生だろうと、こうして自分のものの見方を持っている人こそが結果を出したり、幸せをてにしたりしているのではないのでしょうか?
じっと動かない一枚の絵画を前にしてすら自分なりの答えを作れない人が、激動する複雑な現実世界の中で、果たして何かを生み出したりできるでしょうか?

アート思考を身につけることによって「自分のものの見方」「自分なりの答え」を手に入れるための考え方です
人は幸せを求め生きていますが、自分なりの幸せの答えをアート思考によって導くことができると思います

13歳からのアート思考を読んで感想・まとめ

今回の『13歳からのアート思考』はいかがでしたか?
本書は美術教師が著したものです。そのため誰にでもわかりやすい文体になっています
本の中には章ごとに「やってみよう」というコーナーがあり、私たちにアート思考の考え、具体的なステップを踏んで身につけさせてくれます
・自分なりの考え方
・自分の思考を言語化
このような方法をしっかりと学ばせてくれます

子どもも大人も「これさえやっておけば大丈夫」「これが正しい」と言えるような正解はなくなっていると言えます
何が正しいかわかりづらくなっている時代に、自分なりの探求の根を生やすのに最適な本ではないでしょうか?

興味がわいた方はぜひ本書「13歳からのアート思考」を手に取ってくださいね

-Uncategorized