子育て

【知育パズル】カタミノは大人もハマる知育パズル。魅力を徹底解説します!

みなさんこんにちはコイトです。

子どもの玩具はどんなものを選んでいますか?

どんなものがいいか悩むことも多いと思います。

今回は大人もハマる知育パズル『カタミノ』を紹介していきます。

コイト
カタミノは大人と子どもどちらも楽しめる知育玩具になります。大人も楽しめるからこそ子どもにも教えられるものだと思いますのでおすすめです。


 

子供の知育パズルとして世界的に有名な『カタミノ』ですが、知らない方も多いのではないでしょうか?

私自身、子どもへのプレゼントとしていただいたのですが子どもだけでなく大人も楽しめる魅力ある商品だとわかったので記事にすることにしました。

30語以上に翻訳され、世界的な賞を多く受賞するなど世界的に知られた知育パズルです。

対象年齢は3歳~99歳と冗談かと思わせる表記をしていますが、実際に大人でも難易度次第で難しい。

子どもも大人も楽しめる知育玩具になっていますの魅力を子どもが実際に使った感想、私が実際に使った感想も踏まえた伝えていきます。

 

カタミノってどんなおもちゃなの?遊び方は?

全12個の指定されたピースを組み合わせて指定された枠を埋めていくパズルになります。

テキストがついており、難易度に合わせて楽しむことができます。一番難易度が低いものは3ピースを使って埋めていきます。

最大は11ピースを使いお題に答えていきます。

 

気になる対象年齢と適応年齢

対象年齢は3歳~99歳と冗談交じりですが、正直3歳の子どもには早いかもしれません。

ただ、4、5歳になるとだんだんできるようになってくるので、3歳のころに与えて4歳5歳とやらせていくと子供の成長を感じることができると思いますよ。

うちには2歳半の子どももいますが、たくさんの色があるので、一つのピースにも興味を占めしてくれました。

楽しみ方は子どもが一番わかっているかもしれませんね。

ただ、ルールを守るという面では理解力がある子供でも3歳以上をおすすめします。

上の子どもも最初は興味がなかったですが、だんだん興味をしめしてくれるようになってくれました。

 

親も一緒に楽しめる

私自身重要視している部分でもある「親も一緒に楽しめる」こと。

一人で難題に取り組んでいくのもいいですが、親子二人でお互いにアドバイスしながらやっていくのもカタミノの魅力だと感じます。

カタミノをやっていくうちに子供の成長をより感じることができますよ。

 

 

カタミノが子どもに与える影響

カタミノが子どもに与えてくれた影響は

ココがポイント

  • 色彩感覚を養える
  • 形の識別ができる
  • 目標を達成し成功体験ができる
  • 難易度の調整ができるので、子ども、大人誰でも楽しめる

この三点が私の感じたところです。

空間が把握できる

指定された空間をしっかりと理解していく必要があります。

自分が思っているイメージとパズルの形、指定された空間を理解しゲームをしていかなくてはいけません。

 

ゲームのルールを理解する

難しくないとは言え、ルールはあります。

ルールを守りながらやることはゲームを楽しむためにも必要なことではあります。

難しくないからこそ、ルールを守りながら目標を達成する楽しさを理解することができます。

 

成功体験

成功体験はとても重要なことですね。

少し難易度があるものを達成することで成功体験を積むことができます。

その点、カタミナは難易度も合わせることができるので、子どもの能力に合わせて成功体験を積んでいけます。

無理して難しい課題にチャレンジするよりも簡単なものくらいからチャレンジしてあげてください。

 

大人も楽しめる『カタミノ』 まとめ

カタミノは世界で人気の知育、脳トレ玩具です。

ココがポイント

  • 色彩感覚を養える
  • 形の識別ができる
  • 目標を達成し成功体験ができる
  • 難易度の調整ができるので、子ども、大人誰でも楽しめる
  • 一緒に親子で楽しめる

多くの体験がこのカタミノにはあると考えています。

みなさんの楽しくぜひお子さんにプレゼントしてください。


 

-子育て