子育て

子ども用鼻吸い器ベビースマイルを五年間使ってみてた感想。注意点、便利だったところを解説!

みなさんこんにちはコイトです。

今回は子ども用鼻吸い器「ベビースマイル」についてお話ししていきます。

 

鼻吸い器に関しては多くの商品が販売されていてまず迷いますよね。

それ以前に

ポイント

・電動鼻吸い器って必要なの?

・どんな年齢まで使えるの?

多くの子育てパパ、ママの疑問を解決できればと思いますのでみなさんの参考になればうれしいです。

そもそも鼻吸い器は必要なの?

鼻吸い器を必要としているパパ、ママの調査をしたわけではないので正直私の周りの話ですが、電動鼻吸い器の需要は高いようです。

鼻吸い器を進める理由として

ポイント

・子供の風邪の予防

・鼻を吸うのと吸わないのとでは子どもの機嫌にも影響してくる

・電動タイプはやっぱり簡単に吸える

鼻水がのどに落ちるとのどが痛くなったりするようで子どもの体調管理にも一役買ってくれるようですね。

年齢はいつまで使えるの?

使う年齢は

ティッシュで鼻が上手にかめるようになるまでが基本的な使用期間だと考えていいと思います。

1歳から4歳と子どもの個体差はあると言えるでしょう。

ただ、風邪をひいているときは鼻水がなかなか鼻から出づらいことが多くあるので、私の家では5歳の子どもでも使うことがあります。

用途はさまざまですので使う期間は比較的長いと言えるかもしれません。

鼻吸い器はどんな種類があるの?

ちなみに電動、手動のタイプがあり。

電動で有名なのは

大型のメルシーポットは有名な製品です。

 

私の使っているのはベビースマイルです。

 

使うときの注意点とよく言わる注意点

鼻吸い器は安全面でも心配されている方がいるとよく聞きます。

実際にネットで検索しても、「鼻吸い器 危険」と出てきたりします。

もちろん注意点も多くありますが、知識があるのとないのとでは大きく違いますのでここではどういった点に注意するべきなのかを解説していきます。

電動鼻吸い器を使うときには、

・吸いすぎに注意が必要
・部品に細かいものがある
・清潔な状態に保つ必要がある

よく粘膜が傷ついて鼻から血が出たという話を聞きます。

実際に私も体感しているので注意が必要かもしれませんね。

子ども用鼻吸い器ベビースマイルを五年間使ってみてた感想 まとめ

最後になりましたが、鼻吸い器の必要性はその人それぞれであると思います。

子どもによっては受け付けない子供もいるのは事実ですし、カンタンにできるものだけではないのは事実です。

子どもが少しでも楽になってほしいという気持ちで購入していただければと思います。

この記事が参考になればうれしいですr。

-子育て