Uncategorized

【哲学入門書】正義の教室 善く生きるための哲学入門 (著)飲茶 感想を伝えます

今回は、飲茶(やむちゃ)さんの本、善く生きるための哲学入門『正義の教室』です。
哲学と言われるとなんか難しそうなイメージしか起こりませんが… 飲茶さんは「史上最強の哲学入門」など、読者に哲学をわかりやすく伝える本をいくつか出されています。
本書は哲学を
わかりやすく
抵抗感なく
学ぶことが出来きます。
私のように哲学のことをあまり知らない方にもおススメします。

内容は主人公は高校の生徒会長を務めている山下正義(マサヨシ)、同じ生徒会の三人のヒロインが考えるそれぞれの正義について先生の倫理の授業を受けながら、議論していき、「正義とは何か」について考える、というストーリーになります。

この本のポイント
・正義の判断基準には「平等、自由、宗教」の3つがある
・哲学史とは対立軸のもと発展してきた
・簡単に答えを求めるのではなく、考え悩みつづける
上記の内容にそって今回はお話ししていきます。

正義って何?

正義とは「正しい行為をすること」。
正しい行為と言われても、なんかぼやけていますよね。
それはなぜかというと考えは人それぞれ違うからです。

正義の判断基準

倫理の先生は授業の中で、正義の判断基準は3つしかないと話しています。
それは
・平等
・自由
・宗教(道徳、良心)
この判断基準にそって、どのような主義でどのような問題点が存在するのかを考えていきます。

3人のヒロインがそれぞれの主義を正しいと信じており、一人ひとりの考えを通して理解していくことができるので抵抗感なく読み進めることができます。

世界に存在する国のたとえが改めて再認識できたのですが。
平等を尊重する国
自由を尊重する国
宗教を尊重する国
私たちの周りにも多様な考えが存在していることを改めて認識しました。

平等の正義 功利主義

功利主義

平等の正義が功利主義という考え方です。
平等というとなんか「よいこと」というイメージがありますよね。
全てが平等なるとどのようなことが起こるのでしょうか?
仕事でも、みな給料が平等だったら、頑張って働く人の意欲を失ったりしますよね。
人によっての個性も消されてしまいます。
だってみな平等、なのだから…

功利主義の「最大多数の幸福」

そこで、功利主義を主張するベンサムの「最大多数の最大幸福」という考え方を紹介していきます。
「困っている人により多く配分すると、全体の幸福度が高まる」という考え方です。
例えば、一つのおにぎりがあったとして、①食べるに困らない程度にお腹が空いている人と②三日三晩何も食べていない人がいたとしたら、①に与えても小さな満足しか得られませんが、②の人にとっては大きな満足になりるので、②に与えたほうが良いといった考えです。

弱者を助けたりするのもこの考えに基づいたことですので、賛同できる人も多いのではないでしょうか。

功利主義の問題

功利主義は一見賛同も多くわかりやすい理論に思えますが、問題点もあります。

幸福度はどう測る?

どうやって幸福度をどうやって測るのかという問題が起こります。
同じものを食べたとして、お腹が空いている人とお腹が空いていない人では、満足度が違い幸せに思う度合いも違うと思います。しかし、それをどうやって測ればいいのでしょうか?
人によって物の感じ方は異なります。この人は幸福で、この人は幸福でないを決める基準を作ることが困難なのです。

自由の正義 自由主義

他社に迷惑でない範囲で個人の自由を尊重する考えです。
自由といっても自由の度合いが難しく、誤解が生じやすいかもしれません。

先ほどの功利主義の制限される社会とは異なり、自由を実現することを最大に考えます。

自由主義の問題

自由主義の問題点は、自由にすればするほど自由競争に勝てない人々は貧困に陥ってしまいます。
勝てる人と勝てない人との格差が広がり続けます。
何に関しても自己責任の「弱肉強食」の社会が出来上がってしまいます。

宗教の正義 直観主義

宗教というとわかりづらいので、良心、道徳と言い換えたほうがわかりやすいですね。
人間が誰でも「感じ取った正しさ」を尊重する考え方です。

困った人が助けたくなる人もいますよね、そんな説明ができない何かに正義を感じるものが、直観主義。
どんなに言葉を使っても説明できないものがありますよね、それを良心とか道徳心と表現します。

直観主義の問題点

一見最も正しいと思える直観主義ですが、これも問題点があります。
それは説明ができない
正しいと思っていても説明ができなければ、伝えることができないし、相手もわかってくれないですよね。
自分は正しいと思っていても、相手には違った正しさがあり、異なる主義主張は争いにつながります。

正義の教室 まとめ

これら3つの主張を踏まえて、主人公のマサヨシくんは自分なりの結論を出します。
正直衝撃のラストでした。(え!こうなるの…て感じでした)
腑に落ちる人もいればいない人もいると思いますが。

この本の最も重要なことはこの本の最終回を知る事ではないと思います。
この本に書かれているように様々な考え方に触れることで、多くの考えが生まれ自分なりの考えに繋げていく。沢山考えて、悩みましょう。
そんなことを教えてくれる本ではないかと思いました。
哲学がわからない私でも楽しんで読むことができました。
ぜひ皆さんもこの本を手に取ってみてくださいね。

-Uncategorized