筋トレ

毎日筋トレはしないほうがいい?効果的な筋トレの頻度を解説

みなさんこんにちはコイトです。

今回は筋トレの頻度です。毎日やったほうがいいのか、週に2,3回がいいのかよくわからないですよね。

今回はそんな頻度や一日どのくらいの量をやればいいのかを解説します。

この記事では

・筋トレの適切な頻度をしりたい
・どのくらいで筋肉は戻るのかを知りたい
・筋肉の発達のメカニズムをしりたい
トレーニングはただがむしゃらにやるだけではなく休息も重要になります。
ぜひ参考にしてください。

毎日筋トレをしてはいけないの?

筋肉は筋トレなどを基本的に修復に時間がかかります。

筋トレをするときにはしっかりとした栄養と時間をかけた休息が必要になります。

はじめに筋肉が発達発達するメカニズムを解説していきます。

筋肉が発達するメカニズム

筋肉を大きくするためのメカニズムを簡単に理解しましょう。

筋肉が発達するためのポイント

筋トレによって筋肉が傷つく

筋トレをやったり、ランニングをしたりすると、筋肉が損傷し筋肉痛が起こります。

筋肉痛が起こればいいわけではありませんが、筋肉痛が一つの基準になります。

筋肉痛が起こらなくてもトレーニング後は

しっかりと栄養と休息をとらなくてはいけません。

筋肉を修復するための栄養

栄養をしっかりととり、筋肉を修復しましょう。

筋トレをしっかりとやっていても、エネルギーが足らなくては筋肉が修復しません。

たんぱく質、糖質、脂質をしっかりと摂取しましょう。

食事をしっかりととり、プロテインで補うといいかもしれません。

筋肉が修復するために必要な休息、睡眠

筋トレ後はしっかりと休息、睡眠をとりましょう。

とくに睡眠は大切で、成長ホルモンを分泌し、筋肉の修復を手助けしてくれます。

筋肉が強化される

筋肉が発達するために必要なポイントをしっかりと抑えることで筋肉が少しづつ強化されていきます。

筋肉は簡単に強化されるものではなく日々の積み重ねが重要です。

毎日の筋トレがベストではない

日々の積み重ねはもちろん大切ですし、毎日やらないと忘れてしまうという方もいると思います。

しかし、じつは毎日の筋トレはあまり効果がないと言われています。

24時間から48時間の間に筋肉が強化っされるのです。

なので基本的に、1日、2日は筋トレの期間を開けましょう。

意外と毎日筋肉に負荷をかけると筋肉の成長につながらないので、上記にあげたポイントと毎日やらないことを意識しましょう。

筋トレの頻度をしっかりと理解しよう

最後にまとめさせていただきます。

・筋肉に重要な栄養をしっかりと取ろう
・筋肉に負荷をかけた時(筋トレなど)はしっかりと休息、睡眠をとる
・筋肉の修復には1日、2日の修復に時間がかかる事を理解しよう
筋トレを効率よく行うだけでなく、しっかりとした休息が必要になります。
そのことを理解した上でトレーニングをしていってください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

-筋トレ