Uncategorized

電子書籍と紙はどちらがいいの?メリットを徹底比較

こんにちは、コイトです。

みなさんは本を読むときに電子書籍と紙の本どちらを選んでいますか?電子には電子、紙には紙の良さがあります。

今回の記事では、電子書籍と紙の本それぞれのメリット、デメリットをまとめました。どちらが自分に合っているかわからない方はぜひ参考にしてください。

電子書籍

電子書籍のメリット

場所を取らない

電子書籍はタブレットなどで、保管ができるため、タブレットや電子書籍リーダーのみで他には何もいりません。
本棚も必要ないので、家のスペースを取ることもありません。
出かけ先でも、本はかさばるのに対し、電子書籍はタブレットで済みます。

いつでも、どこでも本が読める

紙の本では書店、ネット通販で購入して読むと、購入してから読むまでに時間がかかります。
購入も通信環境内ならすぐにダウンロードができ、ダウンロードだけしておけばいつでも本を読むことができます。

どこでもというと、紙の本を読む場合明るいとこが条件になりますが、電子書籍はフロントライトがあるため、真っ暗な中でも本を読むことができます。

電子書籍でしか読めない本がある

みなさんは紙の本がベースで、紙の本から電子書籍化されるイメージではありませんか?
実は電子書籍のみで配信している書籍も結構多くあります。
現在では紙で出版するコストより電子書籍の方が安く上がることもあり、電子のみでの出版が存在しています。

電子書籍の方が安い

紙の本より、電子書籍の方が安いことがあります。
安く売られている要因で、紙で印刷するコストがかからないことがあげられます。

紙の本

紙の本のメリット

読書に夢中になれる

紙の本は実体があり、本を読むぞ!という気持ちにさせてくれます。
紙の本はページを手でめくる感触や、本の匂いなど複数の感覚が作用して、集中力を高めてくれます。

デジタルから切り離せる

今の時代、何をやるにも、スマホ、タブレット、テレビなどデジタルを活用しています。
なかなかデジタルがない時間が少ないのではないでしょうか?
紙の本はそんなデジタルから一時的に切り離してくれます。
画面を毎日見る生活で疲れていると感じたら、紙の本を読むことをお勧めします。

達成感を感じることができる

紙の本を読むときに得られる大きなメリットが、読書の進み具合を視覚で確認できることです。
しおりを挟んで今どのくらい進んでいるかがすぐにわかります。
これは読書のやる気にもつながるので、電子書籍では感じることができない大きなメリットになります。
本棚に本が詰まっていくとそれもかなり達成感につながるので、読書量をしっかりと実感することができます。

売り、貸しができる

紙の本は読み終わったら、売ることができるメリットがあります。
人気のある本なら、定価の半値ぐらいで買い取ってくれるケースもあります。

お気に入りの本ができたら他の人に貸すこともできます。
趣味の共有や、自分を理解してもらう事のできるコミュニケーションの一つに出来ます。

書店で本を探す楽しみ

電子書籍を買われる方は、あまり書店に足を運んで本を探すことはしないのではないでしょうか?
書店によっては書店員おススメとか、その書店が特化しているジャンルの本が並んでおり、普段気に留めることができていない本を知ることができます。その本を手に取り、中身をパラパラ簡単に試し読みできるのは実際に足を運ぶしかありません。

本に求めるポイントによってそれぞれの良さがある

電子書籍と紙の本のメリットはご理解いただけましたか?
それぞれに長所があり、どちらが優れているとは言えません。

私自身両方とも使っているので、個人的には、両方使い分けるがいいかと思います。

自分が楽しく本を読めるのはどちらか考えるといいかもしれませんね。

 

-Uncategorized