Uncategorized

USBってなに?いまさら聞けないUSBについて解説します。

みなさんこんにちはコイトです。

USBはパソコンの外付け端末に利用されたりスマートフォンの充電ケーブルや外部メモリとして多用されることの多い端子です。形状がさまざまなことでも知られています。

今回はそのUSBについてのお話をしていきます。

・そもそもUSBがわからない。
・USBの用途をしりたい。
・今主流のUSBは?
ぜひ皆さんの参考になれば幸いです。
それでは解説をしていきます。

そもそもUSBってなに?

『USB』は「ユニバーサル・シリアル・バス」の略です。覚えなくてもいいですが。

パソコン、スマートフォンと周辺機器(プリンター、充電器、外部メモリなど)を接続するための規格です。

現在USBというのは最も主流な外部接続の規格になっているので、知識としては持っていて価値があると思います。

これからパソコンを購入する方や、新たに充電コードなどを購入する際にこの記事が役に立てばうれしいです。

さまざまな種類がある

USBにはたくさんの種類があります。

接続機器によって形状が異なるので、確認しておきましょう。

USB Type‐A

Type‐Aは主にPCや電源アダプター側の出力端子に利用されることの多い端末です。

USB Type‐B

Type‐Bのなかでもさまざまな種類があります。
・USB Type‐B
・mini USB Type‐B
・Micro USB Type‐B

Type‐Bはプリンタやスキャナ、外部HDDなど、周辺機器に用いられることが多い形状です。
プリンタを有線で接続する際は確認が必要です。

USB Type‐C

近年スマートフォンやパソコンに用いられることが多くなったのがこのType‐Cです。
上記にあげたType‐Bの多くの種類があるものと違い、Type‐Cの形状は一つに統一されているのが特徴です。
これにより、たくさんの端子を使い分ける必要がなくなりつつあるのが現在の状況です。
新しいパソコン、スマートフォンには多く採用されていることから、今後の主流になっていくことが予想されます。

USBの用途は?

用途はさまざまあります。

・プリンタ(有線接続の場合)
・外部メモリ
・外部HDD
・スキャナー
・スマホ充電コード
・プロジェクター

正直あげたらきりがないですが、軽く上げてもこの程度は出てきます。
必ず、上記のもののコードを別途購入の際は確認してください。

USBメモリは先端を変えれるものもあります。

USBの豆知識

コードというものは経年劣化とともに接続ができなくなることや、紛失させてしまうことがあります。
コードを購入するさいに気を付けることあげておきます。

わからない場合は必ず説明書に書いてある

わからない場合が必ずあります。
その場合は、パソコン、周辺機器の取り扱い説明書を確認してください。
最近ではメーカーホームページに取扱説明書が掲載されていますので紛失した際は活用してください。

たくさんの種類があることを認識する

USBはさまざまな種類があることで悩ませてきます。
とくにType‐Bに関しては、miniやMicroなど一択でないものがあり、必ずそういった見落としをして購入しないようにしてください。

Type‐Cは主流になりつつあるが

最近、家電屋さんにいきました。
USBメモリを見たところ、Type‐AのUSBメモリが多数でType‐Cのものがかなり少ないかったです。
これから主流になるとはいえ、既存であるパソコンはType‐Aのものがまだあるため、Type‐C規格のUSBはまだまだこれからかもしれません。
USBメモリを購入のさいは現在のパソコン、ビジネスで使うパソコンを確認のうえ、Type‐Aでもいいかもしれませんね。

先端を変更できるタイプもありますし、変換できるハブタイプのものもありますので検討してください。

USB解説 まとめ

USBは正直種類が多すぎです。
しかし、USBはパソコン、スマートフォンにきっては切り離せない外部接続端子であることは間違いありません。
これからパソコンを購入するさいは多くの検討材料の中に、USBの接続端子がどのくらいあるかの確認をしてみてください。
もちろん、ハブを使えば他にも増やすことができますので、知識として頭に入れておいてください。

Type‐Cは間違いなく主流になっていきますが、既存で残っているType‐Aのものもかなり多くあります。
自分が多く使っていくなら端子が多種類あり、多く端子があるものをおすすめします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-Uncategorized