AppleWatch(アップルウォッチ)

「Apple Watch SE」の使用レビュー 実際触ってみての感想をお伝えします

みなさんこんにちはコイトです。

今回は「Apple Watch SE」の使用感レビューをお伝えします。

この記事では

  • Apple Watchの購入を考えている方
  • Apple Watch SEの使い勝手を知りたい
  • スマートウォッチの便利な使い方を知りたい

 

わかりやすく解説していきますのでぜひ参考にしてください。

 

スマートウォッチとはなに?

そもそもスマートウォッチってなんだってことなんですか?って人のために解説していきます。

最近では電子時計として多くのメディアで取り上げられていますよね。

種類も増え格安なスマートウォッチや多機能なスマートウォッチなども多く選ぶ幅が増えてきました。

スマートウォッチはBluetooth(ブルートゥース)やWi-Fi(ワイファイ)の機能を使ってスマートフォンなどの端末に接続することで、今までの腕時計でできなかったことが実現しています。

スマートウォッチは画面をタッチすることができ、CPUを搭載しているので、さまざまな機能を使うことができます。

使いこなすことでスマートフォンを使わずに腕から操作がいろいろできるので便利です。

今回はスマートフォンの中で知名度が高いApple Watchの使用感と便利さをお伝えします。

 

Apple Watchってなに?

Apple WatchはiPhoneで有名なApple社が販売するスマートウォッチです。

 

他のスマートウォッチとの違い

最大の特徴は

「iPhoneとの連動性」です。

なのでiPhoneを使用している方はApple Watchを選ぶことをおすすめします。

逆に他のスマートフォンとの連動性にかけるのでiPhoneを使っている方におススメします。

Apple Watchの魅力

上記にあげましたが、最大の魅力はiPhoneなどのApple社製品との連動性です。

それ以外にも

  • 機能が充実ている
  • アクセサリーが充実している
  • Sireの多様性

正直他にもたくさんありますが、購入に役立つ情報として参考にしてください。

 

機能が充実している

AppleWatchの特徴は機能が充実していることでも知られていますが、基本的に欲しい部分は全部そろっています。

というかスマートウォッチは基本的に使える機能に限りがあります。

スマートフォンありきのものなので、スマートフォンより優れた機能があるわけではありません。

・電子マネーを手元で操作できる。
・ボイスメモを手元で操作できる。
・Sireでリマインダーを保存できる。

など自分の使い方に合わせて機能を生かしていくことをおすすめしますので、購入前に機能が使えるかを確認しましょう。

アクセサリーが充実している

AppleWatchにアクセサリーがあるの?って言う方もいると思いますが、

  • 画面を守る保護フィルム
  • ケース腕に巻くバンドも色々な種類がある
  • 充電をするものも充実している

iPhoneを使っているかたならわかると思いますが、Apple社の製品はアクセサリーが充実しています。

カバーの豊富さを考えれば納得していただけますよね。

スマートウォッチでもApple Watch普通に家電量販店などにも普通にアクセサリーが売っています。

ネットでも同様で、スマートウォッチの中でもアクセサリーがとても多いのがわかります。

 

気分を変えるために何種類かのバンドを持っているのもいいかもしれませんね。
サイズが異なることがありますので、購入前にしっかりと確認しましょう。

Sireの多様性

iPhoneを使っている人ならSiriを使ったことがある人も多いと思います。

色々なスマートフォンに近年では搭載されているバーチャルアシスタントですが、話しかけるだけでスマートフォンの機能が使えたり、電話ができたりと便利な機能です。

スマートウォッチを持っていれば時計に話しかけるだけでバーチャルアシスタントが使えます。わざわざスマートフォンをポケットから出さなくても使うことができるので、より便利になります。

普段Siriなどを使っていなかった人でも使うようになるのは間違いありません。

普段スマートフォンでは使うのが不便だったものなどもAppleWatchで便利に使うことができるようになります。

 

Apple Watch SEの特徴

ここからはApple Watch SEの特徴をお伝えしていきます。
もしかしたらこの内容を見て、Apple Watch 6や別のスマートウォッチになるかもしれませんのでじっくり検討をしてください。

ちなみにモデルがたくさんあります。

GPSモデルかGPS+セルラーモデルか。

サイズも40㎜か44㎜か。

まず選ばなくてはいけません。

サイズ感は正直その人の感覚がありますので、一概に大きければいいわけではないので実機をテスターなどで試しにつけてみることをおすすめします。

 

低価格

一番低価格なGPSモデルで40㎜サイズであれば約3万円で購入できます。
これは今までで最も安い価格になります。
昔のモデルは同性能で倍くらいの価格をしていたことを考えるとAppleWatchもだいぶ安くなりました。

 

機能も十分

人によって用途が異なるので、

  • メモをSireで取る
  • ボイスメモをとる
  • 電子マネーなどを手元で使いたい

などで使用するのでしたら、最も低価格のモデルで十分です。

ちなみにApple Watch 6との違いも

  • 血中酸素を測る
  • 電子心拍センサーがついている
  • 常時点灯システムが搭載されている
  • 性能がデュアルコアS6が搭載されている

 

この違いがあるのですが、上記の項目が必要ないのであれば無理にAppleWatch6を購入する必要はないと思います。

価格も全然高いですし。

 

GPSモデルかセルラーモデルか

おそらく悩むべきところの一つとしてGPSモデルかセルラーモデルが悩みのポイントです。

正式には

  • GPS モデル
  • GPS+セルラーモデル

と表記されています。

どう違うのかを解説します。

「セルラー」と「GPS」の違いはとても分かりやすく

  • iPhoneがなくても通信できるかどうか
  • ケース素材が選べる

この二つを理解すればいいと思います。

それぞれ解説します。

iPhoneがなくても通信できるかどうか

iPhoneが近くになくても使えるのがセルラーモデルです。

iPhoneが近くにないとネットにつながらないのがGPSモデルです。

セルラーモデルは便利なことにiPhoneが全く別の場所にあっても使えます。

  • 簡単なlineを返すこと
  • 通話をすること
  • 電子マネーを単独で使える

とても便利です。

ただ、デメリットが

  • 別途費用がかかる
  • 指定されたキャリアでしか使うことができない
  • 本体の価格が高くなる

だいたい月額300円から500円かかります。
指定されたキャリアは

  • ドコモ
  • ソフトバンク
  • au
    この三社になります。スマートフォンを別のキャリアでAppleWatchだけの契約ができないので注意が必要です。

ランニングを良くする方はスマートフォンをもっていかなくてもいいので便利ですし、子育てをしている方は近くの公園に子どもと遊びに行く時にスマートフォンをもっていかなくていいと利点が多いものかなりあり。
正直どっちがいいと言い切れないのが難しいところです。

ちなみにどっちか悩むなら、GPSモデルでいいのではと私は言います。

 

Apple Watch SEの使用感 まとめ

便利になることは間違いないですが、種類が増えてきている今。どんなスマートウォッチを購入するべきか悩みますよね。

そんな中でも実用性に高い評価ができ、価格も比較的安価なものが今回ご紹介したApple Watch SEです。

正直もっと安いスマートウォッチはかなり存在しますが、iPhoneを使用しているのであれば使い勝手はかなりいいものとなります。

この記事が参考になればうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

GPSモデル 44㎜

-AppleWatch(アップルウォッチ)