AppleWatch(アップルウォッチ)

【AppleWatch】トランシーバーはワンプッシュで通話ができる。使い方を解説。

 

みなさんこんにちはコイトです。

今回はAppleWatchの機能『トランシーバー』の使い方を解説します。

みなさんはAppleWatchに搭載されている機能、トランシーバーを使ったことはありますか?

自宅や公園などで離れた場所にいる家族とすぐに通話ができるのがトランシーバーの魅力です。

『トランシーバー』ってどんな時に使うの?

トランシーバーはわかりやすく言うと、交互通話が行える機能です。

AppleWatchのトランシーバーを使える条件としては

  1. お互いがAppleWatchを所有している
  2. AppleWatchをWi-Fi接続またはiPhoneとペアリングしている

この条件を満たしていれば使うことができます。

電話でいいのではと感じることもあると思いますが、家の一階と二階など少し離れているときに電話では面倒だと感じる人はトランシーバーを使うことをおすすめします。

お互いにトランシーバーオンにしていれば使いたいときにワンプッシュで通話ができます。

しかもプッシュしていないときは自分の声が聞こえることはないので通話のコントロールもできます。

使ってみると便利ですね!

AppleWatchでトランシーバーを使う

トランシーバーの使い方は簡単です。

簡単に3つの手順です

step
1
アプリを起動してスイッチをオンに

まずトランシーバーのアプリを起動しましょう。

次にトランシーバータブが出てきます。

オンの状態にしましょう。

step
2
相手を選ぶ

オンの状態にすると相手を選ぶことができます。

連絡先と連動しているので「友達を追加+」を押して選択しましょう。

 

step
3
ボタンを押して通話する

お互いのせってが完了すると通話ができる画面に切り替わります。

画面にタッチして通話をしてみましょう。

コイト
私は家族とトランシーバーを使ったりします。

使い方になれる必要はありますが簡単に通話ができるので便利な機能です。

まとめ:トランシーバーは電話とは違う使い方ができる

正直いろいろな面で電話などの方が便利だと思います。

ただ、わざわざ電話にしなくてもいい、けどLINEは面倒。

と感じることもあると思います。

そんな時に使える機能だと感じました。

家庭内では

妻「洗濯機回して」、私「分かった」

のような長い会話ではなく手短に伝えたいときに使えるそんな使い方がいいのではないでしょうか。

ぜひ使ってみて便利な機能かつ面白い機能だと感じていただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-AppleWatch(アップルウォッチ)