iPhone(アイフォーン)

【iPhone】『機内モード』って何であるの?活用シーンを5つ解説

みなさんこんにちはコイトです。

みなさんはスマホの『機内モード』を使っていますか?

よくわからないけど飛行機に乗るときに使うんでしょ?
悩む人

て感じでよくわからない機能の一つですよね。

機内モードも知っていると意外と便利な機能だったりしますのでこの記事を参考にぜひ使ってみてください。

 

 

機内モードとは?

機内モードを簡単に説明すると

飛行機内でスマホの通信を遮断するために使う機能です。

そのままですね。

具体的にどんな設定になるのかというと

  • キャリアのデータ通信
  • Wi-Fi接続
  • Bluetooth接続
  • GPS

これらの通信がすべて遮断されます。

要するにメールも電話もインターネットも使えません。

機内モードのメリットはなかなか見いだせないかもしれませんが、それでも機内モードの使いみちはたくさんあります。

ぜひ参考にしてください。

機内モードを活用しよう5選

機内モードではスマホは何もできなくなるのかというとそういうわけではありません。

機内モードの活用法を解説していきます。

機内モードでもWi-Fi、Bluetoothは使える

機内モードでも実はWi-FiやBluetoothは使えます。

機内モードをオンにしてその後にWi-FiやBluetoothをオンにすると普通に使えます。

他の通信はしないでWi-Fiだけ使うなどをするときに有効です。

突然の通信のオン/オフが簡単

機内モードをオンにすると電話、LINE・メールの通知なども来なくなります。

突然会議になったり、スマホがなると困るときには電源をオフにするのではなく、機内モードをオンにするといいかもしれません。

スマホの充電速度を上げる

充電スピードが上がります。

通信をしなくなることによって無駄な消費が抑えられるので有効です。

急いで充電しなくてはいけない時に電源をオフにせずに簡単にできるのでおすすめです。

バッテリーの節約

通信することがなくなるのでバッテリーの減りが軽減できます。

山の奥や、地下など通信状況が悪いエリアでは通信をつなげようとスマホが何度も試みます。

繋げようとするだけでバッテリー減りが早くなります。

そういった場合は意図的に機内モードに切り替えてもいいと思います。

通信できない、通信が遅い時の対応

通信が突然遅くなる時がたまにあります。

そんな時に『機内モード』にすると通信状況がリフレッシュされ通信がつながりやすくなることがあります。

通信が悪いと感じたら試してみてください。

まとめ

せっかくある機能もつかなくては意味はありません。

この記事で『機内モード』の使い方を少しでも知っていただいて日々の生活に活かしていただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-iPhone(アイフォーン)