iPhone(アイフォーン)

【iPhone】『集中モード』おやすみモードなどをしっかりと使おう!便利な使い方

みなさんこんにちはコイトです。

就寝中にスマホの通知などでゆっくり寝れないことはないですか?

そんな問題を解消するiPhoneの機能が『集中モード』です。

集中モード内のおやすみモードをしっかりと活用することで自分の睡眠時間をしっかりと取れたり、集中できる時間が作れたりします。

今回は集中モードを使いこなす方法を紹介します。

 

集中モードの使い方

集中モードの基本は通知や着信が無い状態にできる。

心配になるのは着信があったことに気づかないなどですが、しっかりと通知センターに表示されます。

その点は安心できます。

機内モードだとすべての通信を遮断してしまうので、寝るときだけは通知、着信などをなくしたい人におすすめです。

自動的に毎日設定してくれる機能

おやすみモードは自動機能があり、オン/オフで時間指定ができます。

例えば

夜10から朝6時まで

と設定すると自動でおやすみモードが作動します。

毎回おやすみモードに設定してやる必要がないところも便利ですよね。

細かい設定をしよう!

おやすみモードの良いところは細かい設定が出来るところでしょう。

マナーモードにすればいいんじゃないの?
悩む人

という方もいると思いますが、おやすみモードは個別に細かい設定が出来るので、マナーモードとは使い方が違ってきます。

 

特定の人やアプリだけを着信許可することができる

寝ているときにこの人からの着信は必ず取りたいと思ったら、設定が出来ます。

何かあったときに連絡が着ても着ずかないことがあるかもしれません。

そんな時に便利ですよね。

設定できる人数も設定可能なので設定してみましょう。

 

必要な時に勝手に設定してくれる集中モード

アプリを開いたときやその場所についたときに勝手に集中モードに設定してくれる機能があります。

例えば本を読むときに使っているアプリを設定していればアプリを起動したときに集中モードも同時に起動します。

そのアプリを開いている間は着信などは通知されません。

設定していると便利な機能です。

まとめ:集中モードをしっかりと使い効率よい日々を手に入れよう

集中モードを使うことでいろいろな場面でスマホからの集中阻害を防ぐことができます。

  • 着信などで勉強に集中できない
  • 寝ている時間は音、バイブもなく寝たい

こんな方にとてもおすすめです。

睡眠以外にもビジネス、趣味などと設定ができ場面に合わせて設定が出来るのも魅力です。

ぜひ使ってみてください。

 

-iPhone(アイフォーン)